公益社団法人今治地方観光協会 Twitter Facebook

自転車でもっと楽しく しまなみ海道サイクリング

アラサー女子旅サイクリング

中国やまなみ街道全線開通!今治〜尾道〜松江が近くなりましたっ!!

松江プチトリップ

中国やまなみ街道(尾道松江線)が開通し、尾道・松江間が車でおよそ2時間30分となり従来よりも1時間30分も短縮されました。しかも無料の高速道路!(最後少しだけ有料区間があります)
今回はミニベロを車に積み込んで、松江へプチトリップです。

ルートラボで見る

高速道路なのですが、サービスエリアがなく、高速を降りて道の駅に立ち寄ることになります。尾道から松江自動車道に乗り数十分。最初に降りたのは「道の駅 世羅」です。近代的な建物で地元の野菜や、特産の「せらワイン」がパック入りで売っていたりします。
他にも何か所か道の駅がありそれぞれに特徴があるようです。
最後に寄ったのが「道の駅 たたらば壱番地」。たくさんのシジミを売っていて、その場でシジミ汁が食べられます。宍道湖が近いんですね!

松江市に到着!まずは国宝になった松江城に向かいます。
江戸時代以前の状態で現存する天守は現在12城しかないそうです。その中で国宝になっているのは長野県の松本城、愛知県の犬山城、滋賀県の彦根城、兵庫県の姫路城、そしてこの松江城の5城なんだそうです。日本中にたくさんのお城があったのに明治後ほとんどが取り壊されてしまったのは様々な理由があるようですが、今考えるともったいないことです。
城内に入ると、武者姿の人が…。松江城、松江をPRするために結成された「まつえ若武者隊」の一人だそうです。彼の名前は出雲修理??実在の人物ではないようです…。

いよいよ天守の中へ、江戸時代初期に作られたそうですが、柱や床は黒光りしていてさすがに年月の重みを感じます。天守には城主が住んでいたのかと思っていたら実際はそうではなく城内の別の屋敷に住んでいたそうです。天守本来の役目は最後の砦だそうです。階段もそのために急になっているんでしょうか?

最上階に行くと素晴らしい眺望が広がります。松江市にはそれほど高い建物がないため360度見渡すことができます。
宍道湖もすぐそこに見え、中に浮かぶ平たい島は悲しい伝説が残っている「嫁が島」です。
天守から出るとまたもやサムライに出会いました。こちらは「まつえ若武者隊」の隊長 本間亀二郎さん?だそうです。

お昼は、やっぱり出雲蕎麦!松江城のすぐ近くにある神代そばというお店に入りました。西日本は基本的に蕎麦よりもうどんの文化圏なのに出雲地方はなぜかそば…?一説には、信州松本から移封された松平直政がそば職人を一緒に連れてきたと言われています。
とろろ割子を注文。色の濃い蕎麦で3段になっています。この器が割子と言うんだそうで、たれをつけるのではなくかけて食べます。結構香りが強くコシの強い蕎麦でおいしいです!!

松江観光の最大のおすすめがこの堀川めぐりの遊覧船です。松江城のお堀をぐるりと回ります。通常のコースで約50分。乗り込みます!

船頭のおじさんが案内してくれます。船の屋根を下げなければ通れない橋の下や、古い町街並み、昔の暮しの名残、松江城が美しく見えるスポットなど、途中様々なみどころがあります。船頭のおじさんは唄まで歌ってくれます。まるでディズニーランドのジャングルクルーズみたいです。あっという間の50分でした。短縮の30分コースもあるので、時間の都合によって選ぶといいのではと思います。

今治から車に積んできたミニベロで町を散策です!
松江城の北東側の堀沿いの通りには武家屋敷風の建物が立ち並び、城下町らしい風情が残っています。この通りは塩見縄手と呼ばれていて二百石から六百石程度の中級武士の屋敷がならんでいました。
小泉八雲もこの地を大変気に入り武家の娘の小泉セツと結婚し武家屋敷に住んでいたそうです。その旧居が残されています。併設している記念館、武家屋敷とともに見学ができます。松江城、小泉八雲旧居、小泉八雲記念館、武家屋敷は共通の入場券で見学できます。

松江と言えば松平不昧公だとカメラマンのY氏が言っていました。私はよく知りませんでしたが、松江藩の七代藩主で藩の財政を立て直した名君だったそうです。茶人としても一流で、多くの茶道具を収集していたことでも知られています。そのおかげで松江市は今もお茶の文化が根付いています。明々庵には不昧公ゆかりの茶室があり、抹茶をいただくことができます。お菓子は、松江の銘菓の「若草」と「菜種の里」です。普段ほとんど抹茶をいただくことはないのですが、こんなにおいしいものだとは知りませんでした。なんだか疲れがとれるような気がします。

松江の旅はこれで終わりです。昔の風情が残ったすばらしい町でした。まだまだ見たいところも残しているのですが、それは次回ということで…。
今治に住んでいる私にとって山陰と言えばすごく遠い場所で、日帰りをするには大変ハードでした。というよりなかなか行くことがなかった地域です。ところが、しまなみ海道ができ、松江自動車道が開通したことによりすごく近くなりました。今治から尾道までが1時間、尾道から松江までが2時間30分なので十分日帰りが可能です。
今回も日帰りのはずだったのですが…。

尾道でストップしてしまいました…。夏なのに牡蠣を食べることができる!!疲れた身体にビールが染みる!!尾道の夜!楽しい!!で結局尾道に1泊…。

おすすめスポット 松江道

道の駅 世羅
広島県世羅郡世羅町川尻2402-1
TEL:0847-22-4400
休業日:12月31日
営業時間:夏季(4〜11月) 8:00〜19:00
冬季(12〜3月) 8:00〜18:00
道の駅 たたらば壱番地
島根県雲南市吉田町吉田4378-31
TEL:0854-74-0018
休業日:無休
営業時間:8:30〜19:30
冬季 9:00〜18:00

おすすめスポット 松江市

松江城
松江城山管理事務所
島根県松江市殿町1-5
TEL:0852-21-4030
休業日:年中無休
登閣時間:4月1日〜9月30日 8:30〜18:30
10月1日〜3月31日 8:30〜17:00
神代そば
島根県松江市奥谷町324-5番地
TEL:0852-21-4866
休業日:水曜日
営業時間:11:00〜15:00
堀川遊覧船
堀川遊覧船管理事務所
島根県松江市黒田町507-1
TEL:0852-27-0417
営業時間:9:00〜
小泉八雲旧居
島根県松江市北堀町315
TEL:0852-23-0714
休業日:年中無休
開館時間:4月〜9月 8:30〜18:30
10月〜3月 8:30〜16:40
小泉八雲記念館
島根県松江市奥谷町322
TEL:0852-21-2147
休業日:年中無休
平成28年1月4日〜7月15日まで休館
開館時間:4月〜9月 8:30〜18:30
10月〜3月 8:30〜17:00
武家屋敷
島根県松江市北堀町塩見縄手305
TEL:0852-22-2243
休業日:年中無休
開館時間:4月〜9月 8:30〜18:30
10月〜3月 8:30〜17:00
明々庵
島根県松江市北堀町278
TEL:0852-21-9863
休業日:年中無休
開館時間:4月〜9月 8:30〜18:30
10月〜3月 8:30〜17:00

おすすめスポット 尾道市

尾道WHARF(ワーフ)
広島県尾道市東御所町9-1 ウォーターフロントビル1F
TEL:050-5571-4000(予約専用)
休業日:無休
営業時間:平日 11:30〜22:00
金・土・祝前日 11:30〜0:00
Lock'y(ロッキー)
広島県尾道市十四日元町6-14
TEL:050-5789-2630
休業日:火曜日
営業時間:月・水〜土 17:00〜翌2:00
日・祝 16:00〜24:00

旅したところ

しまなみ海道

とびしま海道

ゆめしま海道

今治・玉川・朝倉

松江プチトリップ

©Imabari District Sightseeing Association all rights reserved.