English

公益社団法人今治地方観光協会 Twitter Facebook

自転車でもっと楽しく しまなみ海道サイクリング

アラサー女子旅サイクリング

しまなみ海道をわたり一つ目の島、大島。すてきなカフェめぐりと絶景亀老山

大島

友浦サイトにやってきました

デザートは別のお店で!ってことで食堂みつばちを出て、その足でカフェ「友浦サイト」へ。最近、この「食堂みつばち」→「友浦サイト」目当てに、東側ルートを走るサイクリストも増えたそうです。確かに美味しいものが目的だったら頑張れる!?(笑)
友浦地区に入ると海沿いの平坦な道が続きます。先程のアップダウンが幻のよう。ずっとこんな道だったらいいのになあ…。「友浦園芸」を過ぎ、海沿いを数百メートル進むと、左折できる道があります。ここは仁江峠へ続く道なのですが、ここを左折。300mほどはまたまた登り坂になりますが、右手に芝生の中に赤い屋根と緑色のかわいらしい一軒家が見えました。ここがカフェ「友浦サイト」。ご主人はカナダの方だそうです。友浦の素晴らしい景色に惚れ込み、20年ほど前に移住されたのだとか。奥さまは日本の方でした。この日は娘さんが帰省中でお店のお手伝いをされていらっしゃいました。すごく美人!こんなに大人びているのにまだ未成年だなんて信じれらません。…と違うところで感激してしまった私。甘夏ジュースとはちみつのムースをいただきました。

村上水軍博物館から宮窪のまちなみ

宮窪に「村上水軍博物館」があるのでそちらへ向かうことに。
ここは中世に瀬戸内海を中心に活躍した村上水軍の一族、能島村上氏の資料や関連する書籍などを保存している、日本でも珍しい博物館です。3階には展望室が設けられており、瀬戸内海を眺めることができます。博物館前からは能島、見近島の周辺などを回る潮流体験船が運航されていて、乗ってみたかったのですが、時間が合わず残念ながら今回はスルー。今度時間がある時に潮流体験してみようと思ってます。
外に出ると以前なかった石碑が建っていました。近づいてみると和田竜先生の名前が。小説『村上海賊の娘』本屋大賞受賞を記念し、大島特産の大島石を使った主人公・景の石碑が建てられたそうです。能島をバックに、村上水軍博物館の来館記念写真が撮影できるようにこの場所が選定されたとのこと。この小説、まだ読んでいないので次に潮流体験に来るときまでには読んでおこう。宮窪の町は古き良き漁港、という風情満点でした。

みかん倉庫を改築したカフェを発見

ここからは317号線を直進し、下田水方面へ戻ります。途中で、左手に不思議なお店をみつけました。「みやくぼ しまのダイニング」。みかん倉庫だった古い建物を改築したカフェでした。思わず立ち寄ってしまいます。女性の方が1人でされているお店でした。うまくリノベーションされていて、すごくステキ。ここでお昼ごはんもいいなあ。以前この島に来た時は、旅行客が訪れるような豪華な魚料理が食べられるような(わりと高価な…)お店が多くて、サイクリング途中に気軽に立ち寄れるお店がないなあと感じていたので、食堂みつばちや友浦サイトはじめ、こういうお店ができているのは本当に嬉しいです。女性一人でも気軽に入れそう。さっきデザートを食べたところなのですが、あんみつを食べちゃいました。大島の天草を使った自家製寒天は口に入れるととろけます。今まで食べていた寒天とは全然違う!上にグラノーラと黒蜜を自分でかけて好みの甘さにできるのもうれしい。同行カメラマンさんがコーヒーが美味しいと絶賛していました。帰り際にお聞きすると、大三島にある「おみしまコーヒー焙煎所」の豆を3種独自にブレンドされているのだとか。コーヒーにかなりこだわりをお持ちなんだと感じました。

じわじわと体力消耗…宮窪峠は難関です

大島の宮窪峠は、しまなみ海道のコースの中でも難関と言われています。ここからは長くてきつい坂が待っていました。ずっとだらだらとした坂道が続くのです。国道を走るということで景色もあまり変化がないというのもしんどさに輪をかける感じです。途中、何人も自転車を押して歩いている人に会いました。途中の木陰で寝転がって休んでいる人まで!宮窪峠を越えるとあとは最後の亀老山を残すのみ。吉海福祉センターの近くに靴の工房ができていると聞きちょっとおじゃましてきました。大阪から移住されて、オーダー靴のアトリエをひらいた製靴暁(あかつき)さん。足のサイズを計測してぴったりなサイズの靴を作ってくれます。少しだけ中を見学させてもらいました。古い民家を改築したアトリエは時間が止まったような素敵な空間。革用のミシンなど今まで見たことのない機械や道具にも興味深々。もう少しゆっくりしたかったのですが、日が落ちてきたので急いで亀老山に向かいます。

絶景!亀老山

さてさて、最後に、とっておきのコース!亀老山ヒルクライムです。最後の最後にこんなハードなことをする私って?実は途中何度も止まって休憩してしまいましたが…何とか亀老山制覇!!坂の途中に展望スペースがあってそこがゴールなのだと思っていたらまだ先があってビックリしたり。(でもそこから頂上まではわずかな距離でした)頂上の展望台では絶景が待っていました。このすばらしい景色!感激しました。展望台は恋人たちの聖地になっているそうです。汗だく&足ガクガク&フラフラの私とは対照的に、夕日を見にたくさんのカップルがいて、ちょっと複雑な気分(笑)。
標高307.8mの亀老山展望公園は、瀬戸内海国立公園に指定されています。来島海峡大橋と来島海峡の潮流、晴れた日には四国山脈の中に連なる西日本最高峰石鎚山まで眺める事ができるんです。最後にこんな素晴らしい景色を見ることができて本当によかった!本当に登ってよかった!サイクリストのみなさん、ぜひ絶景亀老山にチャレンジしてみてください!

おすすめスポット

サンライズ糸山
愛媛県今治市砂場町2丁目8-1
TEL:0898-41-3196
休業日:無休
レンタサイクル貸出8:00〜
Paysan(ペイザン)
愛媛県今治市吉海町本庄(津倉)477
TEL:0897-84-4016
営業日:毎週木曜日・土曜日のみ営業
営業時間:11:00〜17:00(カフェ12:00〜)
よしうみバラ公園
愛媛県今治市吉海町福田1292
休業日:年中無休
営業時間:24時間入園自由
入場料:入園無料
食堂みつばち
愛媛県今治市吉海町仁江1876-1
TEL:0897-84-3571
休業日:火曜日、水曜日
営業時間:11:00〜16:00(ランチ〜14:30)
友浦サイト
愛媛県今治市宮窪町友浦664-2
休業日:月曜日、火曜日
営業時間:11:00〜16:00
村上水軍博物館
愛媛県今治市宮窪町宮窪1285
TEL:0897-74-1065
休業日:月曜日(月曜日が休日の場合翌火曜日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
営業時間:9:00〜17:00(入館〜16:30)
入場料:大人300円、高校生以下無料
みやくぼ 島のダイニング
愛媛県今治市宮窪町宮窪4753-1
TEL:090-3941-0274
休業日:月曜日、火曜日
営業時間:11:00〜17:00(季節により異なる)
製靴 暁(あかつき)
愛媛県今治市吉海町名
オーダー革靴の工房
亀老山展望公園
休業日:年中無休
営業時間:24時間入園自由
入場料:入園無料

旅したところ

しまなみ海道

とびしま海道

ゆめしま海道

今治・玉川・朝倉

松江プチトリップ

©Imabari District Sightseeing Association all rights reserved.