公益社団法人今治地方観光協会 Twitter Facebook

自転車でもっと楽しく しまなみ海道サイクリング

トラブル対策の第一歩 チューブ交換。レンタサイクルではなく、自分の自転車で走る人のために。旅先でのトラブルにあわてないよう、これだけは知っておこう。

サイクリング途中でもっとも起こりうる身近なトラブルが「タイヤのパンク」です。
タイヤは自転車でもっとも消耗するパーツの一つ。パンクの危険に常にさらされていると言っても過言ではありません。初めて行く場所ではどこに自転車屋さんがあるかわからなかったり、近くで見つけられないこともあります。しまなみ海道沿いの島内には自転車専門店はほとんどありません。こうなると自分で修理するしかありません。スポーツサイクルの場合は、通常パンク修理にパッチは使わずチューブ交換によって対応します。旅先でのパンクにあわてず対応できるように、チューブ交換の方法を覚えておきましょう。

パンク修理に必要なもの

パンク修理に必要なもの

メンテナンスやトラブルシューティングのためには、工具は必要です。必要に応じて揃えていきましょう。
旅先でのチューブ交換には、ひとまずは交換用のチューブとタイヤレバー、携帯用ポンプ(空気入れ)があれば対応できます。これらは自転車専門店で取り扱っています。ロードバイク、クロスバイク、MTBなどのスポーツサイクルの場合、一般の自転車販売店にはこれらのものは置いていないことが多いので常備しておきましょう。

バリィさん

How to

1.空気を抜く

空気を抜く

バルブの先端を緩めて押し込み、タイヤの空気を抜きます。(バルブはフレンチバルブが多い。)バルブの根元についているナットをはずします。バルブをタイヤの中に押し込み、タイヤとリムの間に隙間を作ります。

2.タイヤレバーを差し込む

タイヤレバーを差し込む

バルブ付近に隙間ができているので、そこのタイヤレバーを差し込みます。中のチューブを傷めないように慎重に行ないます。レバーがタイヤとリムの中に入ったら、レバーの反対側の先をスポークに引っ掛けます。

3.2本目のタイヤレバー

2本目のタイヤレバー

同じようにして2本目のタイヤレバーを10〜15cmほど離した位置に引っ掛けます。

4.ビードをはずす

ビードをはずす

レバーを2〜3本さしたらタイヤのビードが外れるようになります。後は手で外せます。

5.チューブを抜き取る

チューブを抜き取る

片側のビートが外れたらチューブを抜き取ります。力任せに引っ張るとチューブを傷めてしまうので慎重に外します。

6.バルブを抜く

バルブを抜く

最後にバルブ部分を抜き取ります。バルブが長い場合は、折れてしまわないように垂直に抜いて下さい。

7.新しいチューブを用意

新しいチューブを用意

新しいチューブを用意して、空気を少しだけ入れておきます。この時の空気の量は丸い形になる程度で十分です。入れすぎるとチューブが伸びてタイヤに入らなくなってしまいます。

8.バルブを差し込む

バルブを差し込む

ここからがチューブをタイヤに入れていく作業です。最初にバルブを差込ます。チューブやバルブヘッドを傷つけないよう垂直に差し込みます。

9.チューブを入れる

チューブを入れる

タイヤにチューブを入れていきます。チューブがねじれないように気をつけます。

10.ビードをはめる

ビードをはめる

ビードをはめていきます。最後の数十センチは硬くては入りにくいです。すでに入っている部分をなじませるなどしてできるだけ手で入れるようにしましょう。

11.噛み込みチェック

噛み込みチェック

ビードが完全に入ったら、タイヤとリムの間をのぞいて、チューブが噛み込んでいないかをチェックします。噛み込んでいたらタイヤをしごいて揉みほぐすと解消されます。

12.空気を入れる

空気を入れる

チューブの状態を確認したら、少し空気を入れます。この時は入れすぎず、タイヤに弾力が出る程度でかまいません。

13.ゆがみチェック

ゆがみチェック

ホイールを回してタイヤがゆがんでいないかをチェックします。ゆがんでいたらチューブを噛み込んでいるので直します。最後にナットを装着し、空気を適正圧まで入れます。

©Imabari District Sightseeing Association