おいでや!いまばり:公益社団法人 今治地方観光協会

がんばろう!日本

観光スポット

上島町エリア(岩城島(岩城)、生名島(生名)、弓削島(弓削)、魚島(魚島))

祥雲寺

本堂の裏手にあるウバメガシの大木は樹齢600年。

祥雲寺
祥雲寺

祥雲寺の観音堂は、国の重要文化財に指定されています。

祥雲寺
祥雲寺

ウバメガシと背景の景色が一体となる庭園。祥雲寺のウバメガシは、巨大。写真の下の草原のように見えるのもこの木の一部です。

岩城島の西部にある祥雲寺の観音堂は約540年前、室町時代中期、京都の金閣寺や銀閣寺と ほぼ同時期のもので国の重要文化財に指定されている一重唐様仏殿です。本堂の裏手にある舟形のウバメガシの大木は樹齢600年といわれ、寺から見ると緑の雲の上に突き出たように立っています。一見すると大木には見えないのですが、下から見上げると何本もの枝が大きく張っています。枝の広がりは30mあるそうです。

住所 〒794-2410 愛媛県越智郡上島町岩城3019
問い合わせ電話番号 0897-75-2500(上島町岩城総合支所産業振興課)
Webサイト -
営業時間 -
休業日 -
駐車場 -
入場料 -
マップ
別ページで表示

ページ上へ▲

他のエリアを見る