おいでや!いまばり:公益社団法人 今治地方観光協会

がんばろう!日本

観光スポット

しまなみ海道エリア(大島(吉海町、宮窪町)、伯方島(伯方町)、大三島(大三島町、上浦町)、関前)

芋地蔵(向雲寺)

江戸時代にさつまいもを瀬戸内海の島々に伝えた下見吉十郎を祀った地蔵菩薩像。

芋地蔵(向雲寺)
芋地蔵(向雲寺)

静かな雰囲気が心を和ませます。水軍の祖村上義弘の墓。

下見吉十郎は河野氏の子孫で、4人の子供を幼くしてなくし、ただ一人回国巡礼の旅にでた際、九州を巡っていた時にサツマイモに出会いました。その味と栽培の簡便さに感動し何とか島に持ち帰ろうとしましたが、当時薩摩から持ち出し禁止でした。しかし、苦労の末持ち帰ることに成功しこの地方に普及させました。その後の享保の大飢饉にも大三島だけではなく付近の島々からも一人の餓死者も出すことがなかったばかりか藩へ多量の米を供出したといいます。その後彼は自らを古岩独釣と号して、余生を静かにおくりました。島の人たちは彼の生涯を忘れまいと、芋をいただく地蔵尊を刻んで向雲寺背後の墓地の最高部へ祀り、彼の命日は「いもじぞうさん」と呼ばれる報恩の行事の日として今に至っています。上浦芸術館にはこの下見吉十郎の回国巡礼の旅日記や芋の種子の伝来の貴重な資料が展示されています。

住所 〒794-1404 愛媛県今治市上浦町瀬戸1754
問い合わせ電話番号 0897-87-2165
Webサイト -
営業時間 -
休業日 -
駐車場 あり
入場料 -
マップ
別ページで表示

ページ上へ▲

他のエリアを見る