おいでや!いまばり:公益社団法人 今治地方観光協会

がんばろう!日本

観光スポット

しまなみ海道エリア(大島(吉海町、宮窪町)、伯方島(伯方町)、大三島(大三島町、上浦町)、関前)

大山祇(おおやまずみ)神社

大山積神を祭神とし、全国の山祇神社、三島神社の総本社。しまなみ海道でも有数の観光スポット。

大山祇神社
大山祇神社

2010年に再建された総門は総ヒノキ造りで高さは12mもあります。この樹齢2600年ともいわれる大楠は、社伝によると、大山積大神の子孫小千命(おちのみこ)が神代に祖神を鎮祭申し上げた記念に手植えされた御神木だそうです。大山祇神社の楠群は、日本最古の原始林社叢の楠群として国の天然記念物に指定されています。

大山祇神社
大山祇神社

とても静かな時間が流れています。

今からおよそ2600年くらい前、神武天皇御東征(南九州地方より奈良地方へ御東征したと伝えられています。)にさきがけて、御祭神、大山積大神の子孫小千命が先駆者として伊予二名国(四国)に渡り瀬戸内海の治安を司どっていたとき芸予海峡の要衡である御島(大三島)を神地と定め鎮祭したことにはじまると伝えられます。御祭神は、大山積大神で天照大神の兄神に当り、天孫瓊々杵尊御降臨に際し御子女神木花開耶姫命を皇妃として国を奉られたわが国建国の大神で、山幸神(山林・鉱山の神)、和多志神(航海の神)、大水上神(地水、稲作の神)、塩筒神(陸上・海上交通の知識神)、事勝国勝長狭神(戦勝の神)が祀られ御神徳のある由緒ある神社です。本殿、拝殿、宝篋印塔は重要文化財に指定され、隣接する宝物館には国宝を含む数多くの重要文化財を収蔵しています。

住所 〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
問い合わせ電話番号 0897-82-0032
Webサイト -
営業時間 -
休業日 -
駐車場 -
入場料 -
マップ
別ページで表示

ページ上へ▲

他のエリアを見る